毛糸だま2012年春号 Vol.153が発売されました。買ってしまいました。

f0000425_20431724.jpg

77ページのサンプラーの記事に共感。
私もコツコツ編んで是非サンプラーbookのようなものを作りたいと思ってたのです。
古い雑誌やネットで開示しているアンティークのテキストパターンがずいぶん溜まりました。
f0000425_20294598.jpg


整理がうまくできていないのでこんな感じで溜めています。↓ほんの一部です。
はっきり言って生きているうちに編むことができないくらいあります。
欲張りで気持ち先行型です。この傾向は編み物だけではありません。
f0000425_20295852.jpg


最たる例、読みかけの本たちです。
1冊読むとそれに絡んで3冊ぐらい読みたい本が増えてその3冊を読むとまたそれぞれ3冊ぐらいづつ読みたくなって・・・を繰り返すとネズミ算式に増えて、本当に全く追いつきません。
読んでる本や読みたい本を枕元に沢山置いて寝るのが好きですが、地震が多い昨今危ないからと禁止されています。
f0000425_20301141.jpg


毛糸だまWEBのサイトのすてきなサンプラーの写真を保存できたので、ここに貼り付けようかなぁと思ったのですが
何だか気が引けたので・・・毛糸だまWEB是非見てください。
[PR]
# by operaholic | 2012-02-08 20:35 | Knit&Crochet | Comments(2)

2度目の台北

1月中旬に台北へ行ってきました。夫と私と夫の母の3人で。
もちろん東京よりずっと暖かった(東京の11月ぐらいの気候かな)ですが、台北の人にとっては寒いらしく、ダウンジャケット着てる人多数。体感温度が違うようです。

旅行に行ったら、とりあえず手芸店と本屋さんと郵便局を探します。
あまり時間がなかったのですが、なんとか行くことができました。

手芸店
台湾は暖かいから編み物は盛んではないかもと思いきやそんなことはないようです。
Phildarショップが東京にないのに台北にあるのが不思議だったんですが、納得しました。
ただし、毛糸は高いです。日本で買った方が安いと思う。
おそらくほとんどが(すべてかも?)輸入毛糸(日本のもの多数)だからでしょう。なので毛糸は買いませんでした。
編み針など道具類でおもしろいのがないかなぁと探しましたが、やはりクロバーのものがほとんどで台湾オリジナルは見つけられなかった。
台湾では、物価から考えると、編み物は贅沢な趣味なのではないでしょうか。(日本でもそれなりに贅沢ですが・・・)
f0000425_20555389.jpg
f0000425_20554160.jpg


本屋
写真はとらなかったですが、本屋さんも東京と変わらないくらい品ぞろえが豊富で、センスのいい店がありました。編み物の本・雑誌をチェックしたところこれも日本の手芸本が多数。残念ながら台湾オリジナルで買いたいと思うような手芸本はありませんでした。
でも今回は地図を買えたので満足満足。台湾百岳(100名山みたいなもんですかね?)全図。今後は必ずその国の山岳地図を買おう!(台湾には玉山3952mという東アジア最高峰の山があるんです!)
これ日本の昭文社のエリアマップのようなもので、紙も防水の丈夫な紙。
日本のそれは945円しますが、台湾のものは同質で150元(ある店ではなんと120元にまけてくれた!)日本円で約400円ぐらいです。もっと買っておけばよかったと後悔しています。
f0000425_2124062.jpg


郵便局
必ずはがきを出すということもあり、ついでにおもしろい切手があったらいいなとのぞくのが好きです。
今回は建国100周年の記念切手(金色)日本円で五千円くらいしてたのがあって、欲しいなあ~でも高いなと諦めました。その代わりと言っては何ですが、ショーケースに飾ってあったこれ↓↓なんだか可愛くて買ってしまった。その時は気付かなかったけれど、貯金箱です。郵便局のキャラクターなのかしら?
f0000425_21355761.jpg


お菓子
台湾といえばこれでしょ。パイナップルケーキ。
旧正月が近かったのでお店は大賑わい。地元の人に飛ぶように売れていました。他のお菓子も色々試しに買ってみましたがどれも美味しかったぁ。近所にあったら毎日行っちゃうかも。
f0000425_21391776.jpg


台北は大都会でとにかく便利な街です。食べ物はおいしいし、何回でも行きたい!
いつか山登りに行くぞ!
[PR]
# by operaholic | 2012-02-03 21:49 | travel | Comments(2)

東洋文庫

東洋文庫 「日本奥地紀行」イザベラ・バード著
2年ぐらい前に古本屋さんで買ってはしがきを読んだだけでしまいこんでいたのですが、1ヶ月くらい前だったか、NHKのBSで放送していた番組でこの本の内容を紹介していて、そう言えばまだ読み終わっていなかったことを思い出し、無性に読みたくなって今読んでいます。
明治11年頃、まだ江戸時代の名残りがある時代に東北・蝦夷を旅する西欧の女性がいたというだけで驚きですが、彼女から見た当時の日本の様子が、とても詳しい描写ですばらしいのです。どれだけ知識があったんでしょう。読んでいてとても興味深いことばかりです。まだ途中なので東北まで到達していませんが、先が楽しみです。彼女は中国や朝鮮への旅行記も書いているのでそれも読んでみたいです。
f0000425_2159587.jpg

ところで、この本は昭和48年の初版なのですが、買って結局読んでいないのかも?というくらい、とてもきれいです。
この本に当時の平凡社のアンケートはがきが挟まっていました。↓
ご職業 の欄にご注目。相当細かい分類になってます。
現業か事務かなんて選択肢、今ないですよね。
40年前は無職の中に 主婦 と 家事(← 家事手伝いってことですかね。)が普通にあったんだなぁ。
f0000425_22185923.jpg

これは裏面。ご家族についても細かくきいてます。今とは違って家族の人数が多かったでしょうしね。
f0000425_22225511.jpg

こういうのも古本の楽しみなんだなぁ。大好き。
ちなみに東洋文庫は現在も販売していますし、絶版になったものが少しづつ復刊されたりもしているようです。
当時の販売価格850円、現在3000円(新品でも古本でも)ぐらいします。
[PR]
# by operaholic | 2012-01-31 22:30 | Books | Comments(2)

雪の赤城山(長七郎山)

先週の土曜日に初の雪山体験に群馬県の赤城山に行ってまいりました。
赤城山は複数の山頂の総称です。なので、実際には赤城山という名の山頂はありません。
小沼の湖面(凍っています)を斜めに歩いて通過し、長七郎山から小地蔵山を経て鳥居峠へ下りました。

団体行動だったので肝心なところの写真が撮れてませんでしたが・・・


地味な私。もっと明るい色のジャケット着たい気もするんですが・・・
f0000425_19225113.jpg


新宿に朝7時集合です。家が近いのはありがたい。立派なバスです。
f0000425_19271713.jpg


高速で前橋方面へ。結構渋滞しています。窓から富士山が見えました。
わかるかなぁ、右にうっすら。
f0000425_19275171.jpg


f0000425_19282735.jpg

赤城山ビジターセンターの近くの建物からつららがたくさんぶら下がってた。
氷点下9℃。そこそこ寒いです。
f0000425_19284258.jpg

駒ケ岳です。今日はここには登りません。
落葉した木があるせいで雪は一見そんなに積っていないように見えますが、30㎝ぐらい積ってました。
踏み跡がない雪の中を歩くのは足をとられて思うように行きませんね。(こんなに積っているならスノーシューがあったらよかったかも。)
先頭の人がラッセルして道を作ってくれました。実は私もラッセルしたかった。
f0000425_1929177.jpg


f0000425_1929189.jpg
f0000425_19293015.jpg

小沼横断中。凍っているので湖面ではアイゼンを装着する予定でしたが、氷の上に雪が積もっていたためアイゼン不要。さくさく歩けます。
f0000425_19294212.jpg

こんな風にゴロンと寝転がって楽しそう。
f0000425_19295573.jpg

振り返ればみんなの足跡。この日は他の誰とも遭遇しませんでした。私たちのグループの貸し切り状態。
f0000425_1930897.jpg


あっという間に長七郎山山頂。関東平野を一望。すがすがしい眺めです。
空っ風がここから吹くのね。赤城おろしともいうらしい。
f0000425_19302144.jpg
f0000425_19304122.jpg

f0000425_193630100.jpg


奥に見えるのが荒山です。
f0000425_193795.jpg
f0000425_19375034.jpg

今日はせっかくアイゼンを持ってきたので、はっきり言って必要ないけれど、下山時につけてみようということになり、準備。この数日間家で装着練習した甲斐があって、素早くつけることができた。地味な努力って大事なんだなぁと実感。
f0000425_226442.jpg
f0000425_2262249.jpg
f0000425_2274697.jpg


下りは結構急で雪も積もっていたので下ってるというより滑ってるという感じで一気に下山。
雪に足を取られて転んだりもしたけど、楽しかった。
あっというまに帰りのバスが待っている鳥居峠。
f0000425_228645.jpg
f0000425_2281580.jpg

帰りは温泉に立ち寄り、家に着いたのは22時ちょっと前でした。
2月はスノーシューを持って妻恋方面へ行くのでそれも楽しみで仕方ない。
東京近辺でも雪降らないかな~。
[PR]
# by operaholic | 2012-01-30 22:20 | Outdoor | Comments(0)

雪山へ

この週末、初の雪山へ。
アイゼンも買いました。アルパインゲイターもオーバーパンツもゴーグルもバラクラバも。
今回は初心者コースのためピッケルは使いません。あこがれのピッケルを持つのはもう少し経験を積んでから。

夏に岩場で転倒して流血し2針縫ったので、夫からはすっかり信頼を失っており、今回もなお一層気を引き締めて、初心者コースだからと言って決して舐めるな!!と念仏のように毎日毎日お説教されています。
楽しいと調子に乗るタイプなので、うるさいくらい言ってもらって調度いい。

そういうわけで、自分の身の安全もさることながら、周りに迷惑をかけないため、装着の練習をしてます。歩き方の練習も。はたから見ると滑稽ですが、私は真剣そのものです。汚名返上。信頼回復。

装備って使ってみてはじめて よしあし が分かりますね。
機能は重視すべきですが、自分にとっての使いやすさが重要ですね。
そしてカッコよさも大事だと思うんですが・・・。

f0000425_20381979.jpg



30ℓのザックに詰めるものを準備中。行動食が足りないので買わないと。
f0000425_20383454.jpg


ザックも増えました。
f0000425_21143655.jpg


さて土曜日の天気はどうかなぁ。
[PR]
# by operaholic | 2012-01-24 22:06 | Outdoor | Comments(4)