Puccini のEdgar

フィギュアスケートで有名になったプッチーニのTurandot(のNessun Dorma)これを機にオペラを好きになってくれた人が沢山いるといいなぁ。
でもこれからプッチーニを聴こうという人はトゥーランドットではなく 是非Toscaトスカから。

←プッチーニ:歌劇《トスカ》/ ユニバーサル ミュージック クラシック
これフィルムオペラなので見易いです。トスカ役のカバイヴァンスカも綺麗だし。
何よりローマの実際の建築物でのロケなのでそれだけでも見ていて楽しいですよ。


f0000425_1912161.jpg・・・と脱線しましたが今日はプッチーニの第2作目のエドガー(ル)を聴きました。ずいぶん前に買って以来真剣に聴いたことがなかった!
結構いいじゃないですか。私好きです。オーケストレーションはおとなしめだけれど、プッチーニ節すでにここかしこに。トスカを思わせる旋律もあったりして綺麗な曲と感じます。
シノプシスを読んだだけで編み物をしながら聴いたのでストーリーはざっくりしかわかっていないけど。

今度はブックレット片手に更に真剣に聴こう。
[PR]
by operaholic | 2008-02-17 19:43 | Opera/Ballet | Comments(4)

最近 operaholic じゃない

私の名はoperaholic ~♪ Mi chiamano operaholic ♪~
でも最近オペラを聞いていない!! それはなぜか・・・

編み物 のせいです
前から手芸は好きでしたがこんなに夢中になったのはここ3~4年のこと(あまりにも夢中に編み過ぎて夫は「病気だ」と呆れてます)。

私は ながら が苦手。特に音楽を聞きながらが。
オペラの場合は日本語ではないのであらすじを知っていても歌詞の詳細までは覚えていないのでブックレットを見ながら聴きたくなります。時にはスコアまで登場!(でも譜読み苦手です:笑)
輸入版CDが多いため歌詞表示は言語と英語→必然約2時間集中!=ながら不可能ということに。
加えて私のお小遣いの大部分が編み物関係へ回ってしまったためCDを買わなく(買えなく?!)なってしまったため。CDショップへ行くのを必死に我慢しているんです。見ると欲しくて欲しくて買わずにいられなくなるから・・・

マリア・カラスが大大大好き。是非現役時代の歌声をスカラ座で聴きたかった!
レコード時代だったらすり減っているに違いないほど好きなのが彼女が歌うBelliniの "NORMA" これは何度聴いても泣けます。なかでもCasta Diva は大好きです(フィリッパジョルダーノもカバーしてますよね)。誰もいないのを確認して歩きながら歌っちゃうほど好き。

ベルリーニ:ノルマ(全曲)
カラス(マリア) / / 東芝EMI
ベルリーニ:ノルマ 全曲
カラス(マリア) / / 東芝EMI


編み物にお株を奪われてしまったオペラ&クラシック。
今日は無性に聴きたい。
[PR]
by operaholic | 2007-01-21 13:28 | Opera/Ballet | Comments(0)

f0000425_13363538.jpg
春号巻末に夏号は6月上旬発売予定と書いてあったので
まだかなまだかなあぁ~と
行き付けの本屋さんへ日参していました。
(そうでなくてもほぼ毎日立ち寄りますが・・・)
あまり私がしつこかったため?!か
今朝本屋さんの前を通った私に「出たよー」の声。
(ホントにいつもお世話になってます)
やっと今日発売です。

表紙に特集 永遠のジゼル って書いてある!
ジゼル大好きです。何回観ても泣ける。


でもこれって季刊誌なので
一気に読んでしまうと次が待ち遠しくて待ち遠しくて・・・

なのでもったいなくてすぐには読み始めません。
まずは復習?!から。
去年の秋が創刊号なのでそれから読み始めます。
ですから秋号は今まで3回読んだことに・・・・・ぎょっ!今度で4回目!!!
復習していると今度は作品が見たくなってDVD棚へ・・・・
最新号が読みたいのに読めない!

つくづく私ってバカ過ぎる・・・

もっと号数が増えてもこの儀式を続けていたら
読み終えるまでに3ヶ月以上かかって
今以上にいつまでたっても最新号に辿り着けないなんてことになりかねない・・・

しかしさすがに我慢しきれなくて、巻末の次号お知らせ&編集後記は読んじゃいました。
なんとスワン好きに朗報!
「SWAN~白鳥」完全版 今年秋冬あたりに刊行開始決定だそうです。
楽しみがまたまた増えました。しあわせ♪
[PR]
by operaholic | 2006-06-13 12:21 | Opera/Ballet | Comments(0)

パリ・オペラ座バレエ団

4月に来日公演。
チケットはオペラ並みに高いなぁ。
今のところまだ高い席は余っている様子。お財布と要相談。

私が初めて観たのはボリショイバレエの白鳥の湖。
小学生の頃母にせがんで連れて行ってもらったな。
もちろんその頃はロシアではなくソ連。
公演会場の周りには黒い車の愛国主義の方々が大音響を鳴らして
北方領土を返せ~!・・・
それに対して母が「芸術と政治は無関係だ」的なことを言って珍しく怒っていたな。
はっきりいって踊りよりそのことの方が記憶に残っている。
子供の私にはバレエ(ソ連)と北方領土のつながりが理解できなかった。

マーガレットコミックスのSWAN―夢中だった。
これを読んでクラシックのみならずモダンバレエへも興味をもてた。
そのSWANの続編(レオンと真澄の娘まいあが主役)が掲載されているSWANマガジンが去年の秋から出版されました。
これは季刊誌なので読み終わると次が出るまでの待ち時間がなが~いけど、楽しみが増えてうれしい。

DVDも沢山出ているし、時間がいくらあっても足りないよ~。
[PR]
by operaholic | 2006-03-19 10:17 | Opera/Ballet | Comments(0)