両面同じ柄のアラン模様マフラー

一昨日買った嶋田氏の本から、パータンDのマフラーを編みはじめました。
糸は似たような太さのものだしゲージ調整はせず、早速。

ところで余談ですが・・・この本のゲージ表示は△目●段(10㎝四方)とあるだけでメリヤス編みなのか模様編みなのか ? マークが頭をがよぎるけど、まあ数字から考えると間違いなく模様編みのゲージ。
ちょっと不親切なのかな?
「考えればわかるでしょ」と聞こえてきそうですが、8段一模様のようなものならまだしも、52段一模様のもののゲージを無理やり10㎝に落とし込まなくても、一模様が●㎝って表記した方が分かりやすいと思うなぁ・・・
まあ「マフラーのゲージをとる人なんて多くないだろうから大体の目安ですよ」的なものなんでしょうかね。

誰にでも分かり易く説明するということはとても難しいものです。

これが一模様 ↓↓↓↓↓ 横10㎝、これを6.5回繰り返して長さ132㎝が仕上がり寸法。
ケーブルうまく編めないなぁ・・・
f0000425_19542872.jpg

それにしても手が痛いぞ。
[PR]
by operaholic | 2010-10-10 20:08 | Knit&Crochet | Comments(0)